ノベルティはここで決まり
2019年4月12日

ノベルティグッズを作る際のコツと注意点

「ノベルティグッズ」を制作するときには、いくつかのコツと注意点がありますので見ていきましょう。

「ターゲット層をしっかり意識する」・・・制作しようとしているノベルティグッズが、販売促進のターゲットユーザに適応しているかどうか、意識して作る事が大切です。例えば企業から企業へのアピールとして展示会などで配布するものと、企業から主婦の顧客向けに発信するものでは大きくイメージが異なってきます。分かりやすい例でいえば、企業へのアピールならオフィスでも使えるグッズ、主婦向けなら日用品やキッチングッズなどになります。「使うシーンを想定する」・・・外で使用したり持ち歩くものに、社名やブランドロゴなどを大きく名入れしてしまうと、使われない可能性も出てきます。

逆に家の中で使用するものであれば、人目を気にする必要も少なくなります。従って、どんなシーンで使われることが多いのか、を想定してデザインを考えると良いでしょう。「配布するタイミングを考える」・・グッズを配らなくても行列が出来るほどの人気店であれば、販促活動としての効果やインパクトは大きくありません。「新たに発売予定の商品がある」場合などの、タイミングを狙って効率的に配布することが重要です。

「自社の商品やサービスと関連性のあるものを」・・自社のサービスと親和性のあるグッズを配布することは、その企業の事業内容をより強く印象付ける効果があります。但し、もらった側の有用性とのバランスを考えて企画しましょう。「注意点」・・注意すべき事項として、「知的財産権の侵害」があります。有名なキャラクターなどのデザインを使用してしまわないよう注意が必要です。他に、グッズが「高価すぎる」のも問題が生じる場合があります。無料で配布するノベルティグッズが高すぎるものですと、「贈与」となってしまう可能性があるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *